手軽に入る固まる土について

カレンダー

2018年5月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

見所一覧

2017年07月26日
手軽に入る固まる土についてを更新。
2017年07月26日
固まる土の特徴と利点を更新。
2017年07月26日
固まる土の使い方とはを更新。
2017年07月26日
固まる土にもデメリットはあるを更新。

高齢者にもオススメ

夏場、雑草を取る時は汗もすごくて、草取りをするのが嫌になりませんか?雑草は抜いても抜いてもまた生えてきます。この雑草の対策に固まる土を敷いてみませんか?固まる土とは、土にセメントを混ぜて、固めて雑草を生えてこなくする土になります。固めた土に水をかけると、土の感じがでるので、雑草が生えるのを抑えながらも土の感じは残ると言うことで、人気がでてきています。
固まる土のメリットには、保水性があり、水たまりができにくい、何といっても、防草効果がとても高いことです。固まる土は、3センチから5センチの厚みをとると、雑草が下から生えてくることがないので、お庭の雑草対策にはとてもおすすめになります。
固まる土にはデメリットもあります。強度がとても弱いので、年月が経過していくとへこみがでてきたりします。固まる土には種類がたくさんでていますが、割れにくい種類などもありますので、メーカーをよく調べてたほうがよいでしょう。駐車場などは、ヒビがおこりやすい所なので、車道や駐車場では固める土は使わないようにしましょう歩く所や圧力がかかる所以外で使うことをおすすめします。高齢になると草ぬきも辛くなってきたり、忙しい人はせっかくの休みを草ぬきで終わり、ストレスを感じるという人も多くいます。一度、固める土を使ってみてはいかがですか。

安全や事故防止に

毎朝の通勤時に通る街路樹の植え込み部分に「固まる土」という看板がついています。話を聞いたところ、その街路樹の植えてある土の部分に固まる土という土を使用しているそうです。見た目も普通の土と変わらない色で、遠目で見れば土そのものです。花壇や植え込み、庭先、駐車場などに敷き詰めて硬化剤を散布して乾燥するとかたまってしまうようです。
一度、施工すると手入れはほとんどなく、雑草も生えることもなくとても楽で便利な土のようです。かなり前から、その看板を見ているので、ここ数年確かに雑草が生えているのを見たことがありません。雑草は生えないけれど、水分や液体肥料は不思議と浸透していくようです。一度、施工すると10年間くらいは何もしないでもよいと話されていました。便利なものがあるものだと、その当時は思っていました。それが、最近は固まる土をホールセンターなどでよく見かけるくらいのヒット商品になってしまったんですね。
自然に優しい、景観も崩すことなく、とても良いと思いました。雑草などが生えていてとても景観の悪いところがたくさんあります。また道路脇で背の高い草が歩行者や車の邪魔をしているところもあります。安全性のためにも、事故防止のためにもこういう商品を積極的に取り込んで、少しでも安心安全な環境を作ることも大切なことだと思います。予算的なこともあるとは思います。が検討すべきだと思います。だって、せっかくいい商品があるのに。

おすすめ記事

固まる土にもデメリットはある

固まる土を使用する環境を考える 固まる土は庭の手入れを楽にするため利用されていますが、当然デメリットというようなものも…

詳しく読む

固まる土の特徴と利点

ガーデニング以外にも 最近では、コンクリートと同等な固まる土が販売されています。固まる土というのは水をかけることによっ…

詳しく読む

固まる土の使い方とは

固まる土の注意点 固まる土とは土にセメントなどを混ぜて固めることで雑草を生えてこない様にすることが出来る土のことを指し…

詳しく読む

手軽に入る固まる土について

高齢者にもオススメ 夏場、雑草を取る時は汗もすごくて、草取りをするのが嫌になりませんか?雑草は抜いても抜いてもまた生え…

詳しく読む