固まる土の使い方とは

カレンダー

2018年5月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

見所一覧

2017年07月26日
手軽に入る固まる土についてを更新。
2017年07月26日
固まる土の特徴と利点を更新。
2017年07月26日
固まる土の使い方とはを更新。
2017年07月26日
固まる土にもデメリットはあるを更新。

固まる土の注意点

固まる土とは土にセメントなどを混ぜて固めることで雑草を生えてこない様にすることが出来る土のことを指します。農業などで使用されていますし、この頃はガーデニングなどでも使っている人も少なくありません。この固まる土を使用するだけで雑草を抜く為が不要になるのですから大きなメリットということが出来ます。
ホームセンターなども販売されていて固まる土を撒いてから水をかけるだけで土の質感を残しつつ雑草が生えてくるのを防ぐことが可能です。ですが注意点としては水加減によって固まり具合が違ってくるのでちょどいい感じで土を高めるのに少々スキルが必要です。あまり固め過ぎてしまうと雑草だけではなく成長して欲しい植物に影響を与える恐れがあります。
ですが上手に活用すればメリットが多いので丁度いい水加減を覚えて活用してみて下さい。雑草が生えるのを抑制する他にも日光の照り返しが少なくなる、保水性と透水性を残しつつも水溜りは出来にくいという効果があります。さらには砂利と異なり落ち葉の掃除がしやすいなどの利点があります。それに除草剤はあまり体にいいものではないのでそれを使用せずに済むのですから固まる土は体にいいと言うことが出来ます。

綺麗に仕上げる為に

雑草対策に砂利を敷いたり、防草シートを利用したりすると思います。ですが、完全に生えてこないようにできない物です。ホームセンター等で固まる土という商品があります。固まる土は雑草対策に大変効果があります。固まる土を撒き、じょうろ等で水をかけることで簡単に施工できます。また掃除がしやすく、水勾配を取ることで水溜まりができにくいです。
ですが、固まる土は水加減が難しく、上手に固めるのは大変です。そもそも固める土は砂とセメントを混ぜた物です。その上から水を撒くだけのため、割れやすいと言えます。年数がたつにつれ、へこみやひび割れがおこります。強度が本来弱いので、施工する場所を考える必要があります。オススメなのは車が出入りしなく、歩行しない場所です。頻繁に歩く場所に使用すると割れてしまいます。日当たりが悪く、湿気の多い場所は時間と共に黒ずみが出ます。
固まる土は現在、様々なメーカーから販売されています。DIYのブームもあり、雑草対策で購入されています。手軽に使用できますが、水加減次第で仕上がりが違ってきます。キレイに仕上げたいのにムラが出たり、十分固まらないなど、雑な仕上がりになってしまうこともあるので気を付けましょう。

おすすめ記事

固まる土にもデメリットはある

固まる土を使用する環境を考える 固まる土は庭の手入れを楽にするため利用されていますが、当然デメリットというようなものも…

詳しく読む

固まる土の特徴と利点

ガーデニング以外にも 最近では、コンクリートと同等な固まる土が販売されています。固まる土というのは水をかけることによっ…

詳しく読む

固まる土の使い方とは

固まる土の注意点 固まる土とは土にセメントなどを混ぜて固めることで雑草を生えてこない様にすることが出来る土のことを指し…

詳しく読む

手軽に入る固まる土について

高齢者にもオススメ 夏場、雑草を取る時は汗もすごくて、草取りをするのが嫌になりませんか?雑草は抜いても抜いてもまた生え…

詳しく読む