固まる土にもデメリットはある

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

見所一覧

2017年07月26日
手軽に入る固まる土についてを更新。
2017年07月26日
固まる土の特徴と利点を更新。
2017年07月26日
固まる土の使い方とはを更新。
2017年07月26日
固まる土にもデメリットはあるを更新。

固まる土を使用する環境を考える

固まる土は庭の手入れを楽にするため利用されていますが、当然デメリットというようなものも存在します。やはり一番ネックなのは耐久性の問題です。固まる土というのは、材料にセメントなどを少量使っていますが、いかんせん土と混ざっているものですので硬さという面ではほぼ純粋なセメントに劣ります。普通に利用していても数年単位で劣化しますので、陥没などができたりしますので、一定の期間に補習が必要となってきます。
強すぎる刺激にも弱く、車などが乗ったりすると固い土といえどやはり形が崩れてしまうようなケースもありますので、あくまでお庭の雑草管理程度に利用することにしないといけません。湿気の多いところといった環境では1,2年足らずで黒ずんだりするようなこともあり、土をまく環境にも配慮は必要です。劣化によってその他にも、表面が砂状になって歩くときに嫌な感覚になったりすることもあります。
また、もちろんではありますが、固まる土のところで作物を作ることはかなり難しいです。草がほとんど生えてきませんから野菜自体も作りにくいので、畑などで利用するようなことには向きません。定期的に管理しないと劣化しやすいものですから、そのあたりは十分な手入れを行いましょう。

固まる土は土台が大事

固まる土はお庭などの草の手入れの手間を軽減するために使われるものでありますが、しっかりとしたやり方でやらないと、うまくいかないようなことがあります。固まる土をしっかりとした手順で踏むためには次のような工程が必要です。
【地面に土を入れる】まず、土を敷き詰めるのでありますが、敷き詰めるための地面を突き固めることやりましょう。そうしないとブロックや石材などからの隙間から草が生えてきやすくなりますので、そういった隙間をできる限り埋めていく作業を行うということで地面に土を入れる作業というのをまずはじめに行う必要があります。
【土はおおよそ3cmから5cm位は敷く】また、土の寮に関しては、もともとの土地の部分よりも3cmから5cm位は敷くようにしましょう。あまりに土が少なすぎると、固まる土の部分の草が突き抜けるようなケースもありますし、耐久面でももろいことがあります。ですので、一定以上の土はしくようにしてください。
【水をかける】土を敷き終わったら後は水をかけるだけです。水はできる限りそっとかける感じで土がでこぼこにならないようにゆっくりかけるようにしましょう。この工程をしっかりとするだけでいいので、忘れないようにやれるとうまく雑草の生えない庭にできると思います。

おすすめ記事

固まる土の特徴と利点

ガーデニング以外にも 最近では、コンクリートと同等な固まる土が販売されています。固まる土というのは水をかけることによっ…

詳しく読む

固まる土にもデメリットはある

固まる土を使用する環境を考える 固まる土は庭の手入れを楽にするため利用されていますが、当然デメリットというようなものも…

詳しく読む

手軽に入る固まる土について

高齢者にもオススメ 夏場、雑草を取る時は汗もすごくて、草取りをするのが嫌になりませんか?雑草は抜いても抜いてもまた生え…

詳しく読む

固まる土の使い方とは

固まる土の注意点 固まる土とは土にセメントなどを混ぜて固めることで雑草を生えてこない様にすることが出来る土のことを指し…

詳しく読む